シンプルに暮らす 10のルール

自信がない?自信は自分で作るもの!自信をつけるたったひとつの方法とは

自信がない…
そんな風に思って
なかなか進めない時がありませんか?

でも自信は待っていても来てはくれませんし、何もせずに自信がつくなんてこともないのです。

自信は自分でつかみに行くもの。

ここでは、自信をつけたいけれど
どうしたらいいかわからない人のために
最初の一歩をふみだすための方法を
お伝えします。

読み終わったらきっと
行動を起こしたくなりますよ!

待っていても自信は来ない

「ああ、自信があれば応募するのに!」
「自信がないからやれないなあ〜。」

そんな風にしてチャンスをどんどん
見逃している人をみると
本当にもったいないと思います。

だって気になるということは、
それだけ運が向いているという
ことなのに!

何か心に引っかかりがあって
そのことに気がついたのですから、
すでに無関係では無いはずなんです。

自信があれば手を挙げるのか、
手を挙げるには自信が要るのか。

まるで、ニワトリが先かタマゴが先か論争みたいです。

自信は経験に裏打ちされる

自信があれば先にすすめるのでしょうか?
先に進むには自信が必要なのでしょうか?
最初の一歩は一体どっちから?

でもね、
自信は待っていてもやって来てはくれないんです。
ある日突然「自信ついた!」なんてことにはならないんです。

なぜなら、
自信とは目に見えないものだから。
そして比較するのが
とても難しいものなんです。

そんな曖昧な「自信」というものは、
どうやって扱えばいいのか
とてもとても難しい。

だから可視化出来るもので、
自分を納得させるしかありません。

それにかけた時間。
それに関わる資格。
それでもらった賞。

つまり
自信は経験に裏打ちされているのです。

自信をつけるためにはどうする?

自信がついたら始めるのか、というと
そうではないことがほとんどです。

まずは一歩を踏み出さないと、
いつまでたっても始まりません。

とは言え、丸腰では
いつまでも踏み出せない心理も
よくわかります。

実はほとんどの方が
経験しながら自信を付ける方法をとっています。

あなたも自信をつけるために
「何か」を始めてみませんか?

まずは情報収集です。
あなたが始めたい事の記事を
ネットで調べて読んでみます。

とにかく行動を起こしましょう!

初心者用の本を買って読む
パンフレットを取り寄せる
体験会に行ってみる
サークルや教室に申し込む

さっそく何から始めますか?

自信のために行動あるのみ

まずは始める。

これが一番大事ですが、
一番むずかしいことかもしれません。

でも、行動して学ぶという実践しか
自信につながることはないと思うのです。

私の大好きな某雑貨ショップの店長さんは、
ずっとインテリアの仕事をしたかったのですが、
経験も経歴もないことで悩んでいたそうです。
しかし、そのままでは
いつまでたっても前に進めないと思い、
好きなインテリアや自室の写真で
プロフィールブックを作って面接に臨み、
仕事のきっかけを作ったそうです。

素晴らしい行動力ですよね。

でも大なり小なり、
結果を出している人って
誰もがそういう経験をしているのでは
ないでしょうか?
情熱に突き動かされて
思わず先に体が動いてしまった
というような経験が。

思いに行動が伴う時、
きっと願いは繋がると思うのです。

何かを成し遂げたいと思ったら、
まずは言い訳せずに
行動あるのみ。

さぁ何か始めますか?
それとも見なかったフリをして
諦めますか?

勝敗はすでにこの瞬間に
かかっていますよ!