暮らしのお料理

簡単!ハーブの保存に|ドライバジル・シソの実塩漬けレシピ

ハーブって余ってしまうこと、ありませんか?

冷蔵庫に入れておいて気がつくとシオレていた…なんて悲しい結末、よくありますよね。

そこでご紹介したいのは、我が家自慢の「ドライバジル」「しその実塩漬け」レシピ。少量でも作れるんです。

お弁当やおもてなし料理に入れると、見た目も華やかになるのでお気に入りです。

お友達にもよく作り方を聞かれるので、レシピをご紹介します!

5枚程度のバジルでも、作っておけば重宝しますよ♪

電子レンジで作る「ドライバジル」レシピ

「ドライ」というと天日干しかオーブンを想像しますが、この作り方は「電子レンジ」を使います。

えっ!?と驚く方もいらっしゃるかも。

でも、電子レンジで一気に水分を飛ばすと、綺麗なグリーンのドライバジルに仕上がりますよ!

生のバジルと違って時間が経っても緑色が保たれるので、料理によって使い分けています。

「ドライバジル」作り方

1.洗って水切りしたバジルを、2枚のキッチンペーパーの間に重ならないようにのせます

2.レンジ600Wで3分過熱する

3.粗熱をとるとカリカリになるので、手もみなどで砕く

4.保存容器に入れて完成!

「ドライバジル」応用レシピ

バジル風味フライドポテト

ポテトとの相性は抜群ですから、同様にマッシュポテト、ポテトサラダもおすすめ。

パスタ

パスタの彩りに♪
パセリのように振りかけるだけで、バジルの香りが爽やかにひろがります。

肉料理のスパイスに

塩と混ぜたら「ハーブソルト」の出来上がりです。
特に肉料理との相性が抜群!

茹でてカンタン「シソの実塩漬け」レシピ

シソの実ができる頃には葉も育たなくなり、いよいよ冬の訪れを意識します。

我が家は処分のタイミングで毎年作っていますが、プチプチとした歯ごたえと、香りが口いっぱいに広がる美味しい塩漬けです。

ご飯との相性は抜群、浅漬けに混ぜても風味が豊かになり食が進みます。

半年ほど冷蔵保存が可能ですが、うちはすぐに食べきってしまうほど(^^

手順も簡単ですので、ぜひ作ってみて下さい。

「シソの実塩漬け」作り方

1.シソの実を、指でしごくようにして茎から外す

2.重さをはかって、20%の塩を準備する

3.沸騰した湯で1分ほど茹でる

4.水にさらす

5.水分を絞って塩を混ぜる

6.なじんだら出来上がり!

できたては鮮やかなグリーンですが、時間とともに落ち着いた色に変化してきます。

深い緑色になったら、味が馴染んだ証拠です。

「シソの実塩漬け」応用レシピ

お弁当の白飯の上に

多分一番いい使い方がコレではないでしょうか。

お弁当のご飯の上にパラパラっと振りかけるだけで、彩りが本当に良くなります!

香りもいいし、なによりシソには殺菌作用があるので食中毒予防になるとか。

曲げわっぱのお弁当箱に作ったなら、それだけでお料理上手になっちゃう♪

おにぎり

ご飯と相性が良いのは想像通り^^

炊きたてご飯に混ぜておにぎりにしたらサイコーです。

熱いお茶と一緒に食べたら、日本人で良かった!と思える味です。

浅漬け

余り野菜と一緒に「シソの実塩漬け」と塩少々を加えて12時間程度置いたら、美味しい浅漬の出来上がり。

私は真夏以外は常温で作っています。置き場所だけ直射日光が当たらないようにすればOK。

朝食べたいなら夜のうちに、夜食べたいなら朝のうちに。

後片付けのタイミングで作っておくだけで、1品できるすぐれものです。