親の老後

両親へ円満にエンディングノートを勧める「魔法の言葉」とは?

「親が元気なうちにエンディングノートを書いて欲しい」と思いながらも、実際はなかなか会話を切り出すことは出来ないものです。

エンディングノートをかいて欲しい(本音)
でも死を連想させるようで勧めにくい(建前)

言い出しにくくて数年経ってしまった…という方は多いのではないでしょうか。

ところが、我が家の場合【ある1冊のノート】のお陰で長年の壁を越えることが出来たのです。

それが忘備録ノート『Life Memo』です。

今回は、このノートを選んだ理由と実際に使ってみた感想を踏まえながら、老齢の両親の終活についてご紹介したいと思います。

この記事でわかること

老齢の両親への「エンディングノート」の円満な勧め方がわかる

みんな「親の終活」どう思ってる?

ここに興味深い『親の終活に対する意識調査』の記録結果があります。

親の終活については91.6%の人が「取り組まないと困る」と思いながら、その半数以上の「55.6%」の人が実際には取り組んでいないというのです。(株式会社鎌倉新書2018年10月「親の終活に関する意識調査」

親の終活に必要性を感じながらも、実際に行動に移せていない人は多いんですね。

エンディングノートをかいて欲しい(本音)

でも死を連想させるようで勧めにくい(建前)

実際、親にエンディングノートを勧めた人からは

  • 縁起でもないと怒り始めた
  • 両親の顔が曇った
  • 相続が目当てなのかと聞かれ困惑した
  • その後関係がギクシャクした

などの反応があったと聞きました。

子供の側にも遠慮があって言い出せないのもありますが、本当は両親が老いていくという現実をを認めるのがイヤだ、という心理も働いていると思います。

親に終活を勧めることは想像以上に難しく、関係が悪化するくらいなら…と思ってしまうのも無理はありません。

でも、いざ何か起こってからでは遅いのも事実なのです。

なんと「忘備録」ならすんなり書いてくれた!

高齢の両親が「終活」という言葉に過剰反応してしまうのは、言葉のインパクトがエグイからではないでしょうか?

「終活」=終末、「エンディング」=死をマトモに連想させてしまい、自分で言うならともかく、親子であっても言われたい言葉ではありません。

そこで私は言い方を変えてみることにしました。
それが「忘備録」です。

実際、「忘備録」は日常生活で役に立つことがとても多いのです。

実は私も若い頃ならパッと思い出せたことが、なかなか思い出せない年齢になってきて、忘備録を捜していました。

そこで自分のために見つけたのが『Life Memo』というノートだったのです。


マルアイ Life Memo P LF-P

これは通帳の番号も、親類の命日も、毎月の振込先も振込額も、調べたいことが1冊にまとまるので本当に便利。

そう、実際に困っていることが多いから役に立つのです。

というか使って初めて「私、困ってたんだ…!」と気が付いたんですけれど。

忘備録でも、内容はエンディングとリンクしているから大丈夫。
それとわからない装丁なのですが、実は中身はけっこうエンディングノートです(笑)

コツは自分も一緒に書くこと

並列の関係が大事

上からの目線だったり、頭ごなしに言われると、誰しも感情的になってしまうもの。

そこでおすすめなのは、タテの関係ではなくヨコの関係になることです。

つまり、2冊用意して自分も一緒に書いてしまうのです。雑談しながら手伝う感じがいいですね。

同じものを書くことによって、何を調べればいいのか、何が必要で何が不要なのかもわかります。

なによりも一緒に自分のエンディングノートが出来てしまうのが素晴らしい!まさに一石二鳥です。

あなただけでなく私も、が大事なんですね!

高齢になると事務的処理能力が低下する

いつまでも元気でいて欲しい両親ですが、年々老いていくのが事実。細かい調べもの付きのエンディングノートは、面倒に感じるのも無理がありません。

残念ながら、高齢になると事務的な処理能力はぐんと低下します。

本当は、誰かにやって欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

一緒にノートを書き上げることは、手伝いながら実像を把握出来るという利点があるのでお勧めです。

既製品ならページを埋めるだけなので手軽

エンディングノートに必要な内容は、以前紹介した記事の中で詳しく述べてありますので、参考にしながら手近なノートに書く方法もあります。

https://dongurifive.com/middle-aged/life-memo/

費用がかからずに済みますし、直筆で書いてもパソコンで書いてもかまいません。

でも市販のエンディングノートには既成品の良さがあります

あらかじめ設問が設けられていますので、それを埋めるだけなので手軽ですし、なにより抜け落ち事項が無いので安心です。

エンディングノートで大事なのは

エンディングノートを書く最大のメリットは

親…自身のこれからの人生の指針が出来る
子…一緒に親の人生を振り返り、認め、ねぎらう気持ちが生まれる

ではないでしょうか。

エンディングノートは人生を終わりにするノートではありません。これからの未来を有意義にするためのノートです。

この一冊を機会に、さらに親子の絆が深まることを願ってやみません。