シンプルに暮らす 10のルール

シンプルライフの考え方 <シンプルに暮らす10のルール>

シンプルに暮らしたいー。
誰もが願うことですが、
なかなか実現出来ないのが日常です。

暮らし始めはいつだって
単純明快にシンプルでした。

自分の部屋を持った時。
一人暮らしを始めた時。
誰かと暮らし始めた時。
引っ越した時。
家を買った時。

でも。
いつしか物事が複雑になって、
住まいの持ち物も
こんがらがって来ていませんか?

そんな時は最初に戻って、
考え方をシンプルにするのが一番。

シンプルに暮らす10のルール
早速始めてみましょう!

机の上は心の中を表す

リビングのテーブルの上、
会社のデスクの上、
机の上はどんな状態ですか?

毎日使うところだから
正直にあなたの心を映してしまう。

詳しくはコチラの記事で
「机の上は心の中を表す」

時間の余裕がすべての余裕につながる

毎朝家を出る前はバタバタしてしまう。
待ち合わせにいつも遅れそうになる。
退社前の仕事は5分前に終わらない。

時間に余裕のある行動は
心の余裕に繋がります。
心に余裕のある生活は
お金にも余裕が生まれます。

詳しくはコチラの記事
「時間の余裕がすべての余裕につながる」

上手なリセット方法を身につける

 

毎日の出来事は
途切れること無く続きます。

失敗してしまった。
余計なことを言ってしまった。
冗談をうまくかわせなかった。

でも、
引きずる必要は無いのです。

上手なリセット術を身につけて
うまく気持ちを切り替えましょう!

詳しくはコチラの記事
「上手なリセット方法を身につける」

人生はYesとNoのくり返し

どうしよう、どうしよう・・・?

悩める人の思考はグルグル、
いつも同じところを回り続けています。

人生とは常に
イエスとノーの選択です。

その繰り返しで私達は生きている。

選ぶことを恐れない、
自分の基準を決めたら簡単です。
記事はこちら
「人生はYesとNoのくり返し」

なんとかはならない

ピンチに陥った時に、
なんとかなるだろうと
布団かぶって寝てしまう人は要注意です。

人生はなんとかはなりません。

なんとかなる人とは
それまで準備を重ねて来た人だけです。

保護者の庇護を離れると
誰もどうにもしてあげられないのです。

だったらどうするか?

ピンチの乗り越え方はコチラの記事から
「なんとかはならない」

自信は自分で作るもの

自信が無いから始められない。
では、
自信がつくのはいつですか?

自信ができるのを待っていたら
それこそチャンスは無くなります。

自信は自分で作るのです。
作り方はコチラの記事から
「自信は自分で作るもの」

ルーティンの大切さを知る

毎日同じ一連の動作、
あなたのルーティンは何ですか?

ルーティンを活用して
特定の行動を習慣化できれば、
仕事や勉強に集中力を発揮できて
いい結果を出しやすくなります。

ルーティンの簡単活用はこちら
「ルーティンの大切さを知る」

寝る時間こそアラームをかける

最近「睡眠」の大切さが
問われ続けています。

朝早く起きるよりも
本当は早寝のほうが効率がいい。

その理由は以下の記事で。
「寝る時間こそアラームをかける」

自分には自分のサイズで

いつの間にか持ち物で
部屋がいっぱいになってしまう。

でも
人それぞれには管理できる量が決まっています。

それが「自分のサイズ」です。
では自分のサイズはどうやってわかる?

それは記事
「自分には自分のサイズで」を参照してください。

住まいは自分の自尊心

自分の部屋に帰宅したとき
心地よさを感じていますか?

洗濯物が散らかってて嫌だなあ…
全てがうっすらホコリっぽい…
モノが積まれてスッキリしない…

それで本当に
一日の疲れは癒やせますか?

心地よい住まいとはなにか、
心地よさに必要なものとは?
記事「住まいは自分の自尊心」で。