片付け

暮らしの断捨離 <シンプルに暮らす10のルール>

シンプルに暮らしたいー。
誰もが願うことですが、
なかなか実現出来ないのが日常です。

暮らし始めはいつだって
単純明快にシンプルでした。

自分の部屋を持った時。
一人暮らしを始めた時。
誰かと暮らし始めた時。
引っ越した時。
家を買った時。

でも。
いつしか物事が複雑になって、
住まいの持ち物も
こんがらがって来ていませんか?

そんな時は最初に戻って、
考え方をシンプルにするのが一番。

シンプルに暮らす10のルール
早速始めてみましょう!

机の上は心の中を表す

リビングのテーブルの上、
会社のデスクの上、
机の上はどんな状態ですか?

毎日使うところだから
正直にあなたの心を映してしまう。

「机の上は心の中を表す」

ダイニングテーブルはどうですか?
リビングのテーブルはスッキリしていますか?
勤務先のデスクの上はどうでしょうか?

机の上には基本何も置かないのが鉄則です。
机の上が散らかり始めたら、
心の中に何か重荷があるのかも。

まずは机の上を片付けて
不要なものを捨てながら、
自分に一番必要なものは何かを
考えましょう。

きっと机の上が片付く頃には
気持ちもスッキリしているハズです。

時間の余裕がすべての余裕につながる

毎朝家を出る前はバタバタしてしまう。
待ち合わせにいつも遅れそうになる。
仕事を退社5分前に閉じれない。

時間に余裕のある行動は
心の余裕に繋がります。
心に余裕のある生活は
なぜかお金にも余裕を生むのです。

「時間の余裕がすべての余裕につながる」とは
良く言ったもの。
もうキリキリした生活を送るの、
やめませんか?

悪習慣をやめるのは、
自分自身の決心しかありません。

本当は
逆算して行動開始の時間を決めるのが
正解なのですが、
まずはいつもよりも10分だけ早く動いてみましょう。
それだけでも変わるはずです。

上手なリセット方法を身につける

毎日の出来事は
途切れること無く続きます。

失敗してしまった。
余計なことを言ってしまった。
冗談をうまくかわせなかった。

でも、
引きずる必要は無いのです。
上手なリセット術を身につけて
うまく気持ちを切り替えませんか?

自分が大好きなこと、良いきもちになれることが
リセットボタンになります。
コーヒーの香りに癒やされる
大好きなアロマオイルがある
何度読んでも飽きない本がある
何でもいいんです。

「上手なリセット方法を身につける」ことは
自分の心に基地をもつことになります。
これさえあれば良い気持ちになって、
心がフラットになる。
それがあなたのリセットボタンです。

人生はYesとNoのくり返し

どうしよう、どうしよう・・・?

悩める人の思考はグルグル、
いつも同じところを回り続けています。

人生とは常に
イエスとノーの選択です。
その繰り返しで私達は生きている。

選ぶことを恐れずに、
自分の基準を決めましょう。

悩むのではなく、
考えましょう。
考えるとは現状を打破して前進すること。
前進するために何をするのが一番か?

行動しなければ変化はありません。
行動するために考えるのです。

なんとかはならない

ピンチに陥った時に、
なんとかなるだろうと
布団かぶって寝てしまう人は要注意です。

人生はなんとかはなりません。

なんとかなる人とは
それまで準備を重ねて来た人だけです。
チャンスは誰にでも訪れますが、
準備してきた人にしかつかめません。

なんとかはなりません。
誰もどうにもしてあげられないのです。

まずは自分で認めて、受け止める。
全てはそこからです。
現実を見ましょう。理解しましょう。
そうすれば次にどうしたらいいか
考えることができます。

自信は自分で作るもの

自信が無いから始められない。

では、
自信がつくのはいつですか?

自信ができるのを待っていたら
それこそチャンスは無くなります。

自信は自分で作るのです。

まずは行動しましょう。
そしてやめずに続けましょう。
続けるうちに何かが見えてくるはずです。

それが経験になり、知恵になり、
認められるきっかけになります。

経験からしか自信は生まれません。
自信は自分で作るしかないのです。

ルーティンの大切さを知る

毎日同じ一連の動作、
あなたのルーティンは何ですか?

ルーティンを活用して
特定の行動を習慣化できれば、
いい結果を出しやすくなります。

毎日1つの知識を得れば、
1年後には365の知識を持つことになります。
毎日掃除機をかけたら
ホコリがたまることはありません。

毎日同じことを練習していたら
試合本番でも平常心で臨めます。
ルーティンを活用することこそ
もっとも成功に近い方法かもしれませんよ。

寝る時間こそアラームをかける

最近「睡眠」の大切さが
問われ続けています。

朝早く起きるよりも
本当は早寝のほうが効率がいい。

だから
寝る時間こそアラームをかけるて、
のんびりしがちな夜の時間に
あえて時間を意識させる。

ちなみに入浴は睡眠1~2時間前がベスト。
だから私は入浴タイムにもタイマーをセットしています。

早く寝たら翌朝も早く起きれて
朝の時間をしっかり確保できます。

自分には自分のサイズで

いつの間にか持ち物で
部屋がいっぱいになってしまう。

でも
人それぞれには管理できる量が決まっています。
それが「自分のサイズ」です。

ものがすぐに散らかってしまう時は
自分が管理できる範囲を
超えたサイズなのかもしれません。

そんな時は持ち物を減らしてみましょう。
場所があるからといって、
部使う必要はありません。

私は脚立がないと開けられない棚には
基本何も入れません。

大きな家が良いとは限りませんね。
自分が使いやすい家がきっと、
自分には良いサイズの良い家なのです。

住まいは自分の自尊心

自分の部屋に帰宅したとき
心地よさを感じていますか?

洗濯物が散らかってて嫌だなあ…
全てがうっすらホコリっぽい…
モノが積まれてスッキリしない…

それで本当に
一日の疲れは癒やせますか?

自分で自分をもてなしましょう。
自分が大切に出来ない人を、
一体誰がが愛すでしょうか?
自分こそ、一番極上の客人で有るべきです。

住まいは自分の自尊心です。
あなたはその程度の人なのでしょうか、
それともさすがの環境の人なのでしょうか。